ナースの転職支援サービス

おすすめのナース転職支援サービス 希望の転職先が見つかる!

看護のお仕事

【看護のお仕事】は、全国120,000件を超える事業所情報が掲載されていて、業界トップクラスの情報量を誇る看護師専門求人サイト。情報の豊富さが魅力です。
月間の利用者数が2万人以上という人気サービスになっています。

【看護のお仕事】の最大の強みは地域ごとに専門のコンサルタントがいることです。
仕事の内容は同じでも、給与水準や待遇の面で地域ごとに違いがあるのが看護師の仕事。地域密着型のコンサルティングを利用することで、より細かい希望にあった求人案件に出会える可能性が高くなります。

ナースではたらこ

ディップ株式会社が運営する【ナースではたらこ】は、3年連続で顧客満足度NO.1(楽天リサーチ調べ)となっている信頼できる看護師転職支援サービスです。
約9万件の取り扱い求人情報があり、また会員だけに公開される『非公開求人』の数が豊富なため、全国の看護師求人のなかから希望の転職先を探すことができます。

入職から半年後のお祝いとして最大10万円がもらえる「HAPPYボーナス」が用意されているなど、いろいろな利用特典があるのも看護師 年収アップのための魅力のひとつです。

マイナビ看護師

日本最大の就活サイトと言えば「マイナビ」。
そのマイナビが提供している看護師専門求人サイトが【マイナビ看護師】です。
マイナビ看護師の紹介方針として「納得して入職してもらう」というものがあります。求職者と紹介先のマッチングを最優先し、また離職率の高い求人先は原則として紹介していません。そのようなことから、人間関係を重視した転職活動が行いやすいと言えそうですね。

利用者の満足度が非常に高い(満足度96%)のも、このサイトの特徴です。

ナースフル

転職実績ナンバーワンの「リクルート」が運営しているのが【ナースフル】。
「リクルート」が扱う一般企業の求人との関連性から、レアな求人が流れ込んできやすいとも言われています。 そのため日勤のみ求人などが見つかる可能性も高いようです。

ナースフルの転職サポート対応エリアは、「首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城) 、関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀) 、東海(愛知) 、九州(福岡・熊本・大分) 」のみとなっています。
都市圏中心のサポートとなってしまうのが、デメリットだと言えそうです。

ナース人材バンク

【ナース人材バンク】は、2005年サービス開始の看護師転職支援サービスの先駆けとも呼べる存在。歴史があるサービスなので医療機関との密接なつながりがあり、多くの好条件非公開求人がを保有しているといわれます。サポートは全国対応、また新卒求人も扱うなど、看護師転職に幅広い実績を持っています。

ナースの職場環境

ICU勤務について良い点・辛かった点

2016-07-25_112128

ICU勤務について、良い点辛かった点をお伝えしたいと思います。

良い点はスタッフのモチベーションが高く、急変に強くなりたい、心電図が読めるようになりたい、重症患者が看れるようになりないとやる気のある人にとってはよい経験ができます。知識と経験が豊富な先輩看護師が多いだけではなく、医師や薬剤師、臨床工学士、理学療法士等あらゆる分野のスタッフとも密に関われ勉強になります。

病状が落ち着いた一般病棟では教科書に載っている異常な所見がなかなか診れない場合がありますがICUでは経験することが多いです。担当患者も日勤は1~2名であるため患者の状態の把握や清潔ケアなどじっくり関われることが病棟よりり多いと思います。意識不明な患者では家族ケアを重点的に行いよい経験となりました。看護師のスタッフの人数も病棟より多いため何かあれば人がすぐ駆けつけられますし、夜勤の人数も少ないよりは安心です。

大変だった点は勉強をきちんとしなければついていけず、優先順位も非常に大事になるので慣れるまでが時間がかかると思います。一般病棟であれば1年で一人だちできるところをICUではすべての症例を一人だちするには3年かかる場合もあります。 人によって環境に慣れるスピードは違いますが急変のリスクや緊急入院を受け入れる緊張は私はなかなか慣れませんでした。

しかし頑張っていれば周りは認めてくれますし次第に知識がつき、経験を数多くすれば環境になれ働くことができます。3年程度ICU関連病棟で経験を積んでから異動希望で勤務するのが私はよりスムーズに環境に慣れることができると思いました。

看護師になったからには急変時対応できるようになりたい、経験を積みたいという方にはオススメです。

ナースの職場環境

看護師長の考え方が反映されるナースステーションの雰囲気

2016-07-25_111846

私が以前働いていた病院での体験です。
看護学校を卒業してすぐに働いた病院だったのですが、不安と期待と入り混じった状態で仕事をしていました。看護師は女の職場だからいじめが多いという一般的なイメージを私も持っていたので、覚悟をして日々仕事をしていました。が、いつになってもいじめを目撃をすることはなく、それどころかとても人間関係が良い職場でした。
当然ミスをしたら怒られますし、自分がつく処置や検査の勉強をしてこなかったら叱られますし、同じ質問を何度もすると飽きられました。

そんな毎日でしたが、ミスや叱られたことをいつまでも言われることはなく、同じことで誰かが私に注意をしようとしたら、「さっきそのことは注意したから」と、他の先輩が言ってくれるのです。2回同じことで叱られたり注意されたりしないようにしてくれるのです。

さらに、1日に何度もヘマをして叱られ、落ち込んでいると先輩から、「今日みんなでご飯行くけど、行ける?」とお誘いを受け、断るのが怖くて仕方なくついていくと、昼間のことをいっさい言われずに、ただただおいしくみんなでご飯を食べている先輩たちがいました。そして、「そんなに落ち込んでいないで、明日はちゃんとできるよきっと。まずは食べて元気出せ」と言ってくれるのです。

後々気づいたのですが、師長さんがそういうタイプの方だったのです。叱る時は真剣に叱りますが、あとに引かないというかいつまでも言わないスッキリタイプの方だったのでスタッフにもそれが浸透しているとのことでした。陰でこそこそ言うくらいなら本人に言うべき。言えないなら陰でも言わないというのが暗黙のルールだったそうです。そんなところでいじめなんて起きようがないと感じました。

数年経ち、師長さんが交代になった後からは雰囲気ががらっと変わってしまい、居心地が悪くなり私も辞めてしまいましたが、これほどにトップの考え方が反映されるのだと教えてもらいました。

未分類

単発派遣で行く看護師のデイサービスでのお仕事について

2016-07-02_161721

まだまだ世の中は看護師不足なのか、単発での派遣の仕事はたくさんあります。これまでに体験した単発の仕事には、健診・デイサービス・クリニック・治験・コールセンターなどがありますが、特に健診やデイサービスは単発で働く上で定番の派遣先といえます。

単発なので、日替わりで様々な施設に派遣されるのですが、デイサービスは施設によって雰囲気がまるで違います。
アットホームなところもあれば、淡々と入浴や食事介助をこなしているような施設もあり、またリハビリ型の施設もあるなど、その状況にうまく合わせて対応しなければなりません。

先日派遣されたデイサービスでは認知症で徘徊する方が複数おり、朝出勤すると、数人の利用者さんの横で呆然と立ち尽くす新人介護士さんを見つけました。どうやら徘徊する利用者さんそれぞれに他のスタッフが付き添って行ったため、新人さんが取り残されてしまったようです。ここは初めての職場でしたが、まだ不慣れな新人看護師さんと共に、施設に残っている利用者さんのバイタルサインを測ったり、貼り絵などの作業を促したり、配薬したり、排泄の介助をしたり・・・、とバタバタでした。これは希なケースだったと思いますが、どんな状況でも焦らず対応することも必要です。

デイサービスの看護師の主な仕事は、利用者さんの健康管理です。また、日常生活に近い部分での援助になるため、介護士さん達と業務範囲が重なる部分もあり、他職種のスタッフとうまくやっていくためのコミュニケーション能力が欠かせません。特に単発派遣では1日限りの付き合いになることもあり、続けていくうちに初対面の人との距離の取り方も自然に身に付きますので、経験を積む意味でもおすすめの働き方といえます。

ナースの悩み

はじめまして。いきなりですが看護師のグチです。。。

私は25歳の看護師になって4年目の女性です。現在は付属の大学病院で働いています。担当は循環器科の病棟です。そのため夜勤や当直があるシフトです。

看護師になって4年ほど経ちますが、日々緊張の連続で、まったく気が休まる暇がありません。住まいも病院近くの看護師用の社宅に住んでいるので、常に周りには同僚がたくさんいるような状況です。

2016-06-25_115202

そんな中で今年に入り、新しい先輩の看護師さんが配属されてきました。現在私はその先輩との関係で非常に頭を悩まされています。色々な部分に細かく人に注意する割には、自分のミスが非常に多く、またそのミスを認めようとしません。どうにかして人の責任にするような言い訳を言ったりしています。

先日は患者さんに依頼された氷枕を持っていくのを忘れていて、患者さんより婦長さんにクレームのようなものが入ったのですが、その時も「私にお願いをした」と言われてしまいました。そして私が謝ることになってしまったのです。他の看護師さんもうすうす気が付きはじめているようですが、波風を立てたくないので、私からはいえるような状況ではありません。

看護師は人の生命にかかわる仕事に携わっているので、互いの信頼感と連絡報告相談はより必須なことと思っています。今後もあるようでしたら、こっそり婦長さんに相談してみようと思います。