看護師の初任給 平均が一般企業の1.5倍!?

看護師の初任給 平均が一般企業の1.5倍!?

 

看護師の給与水準は、女性が就く職業のなかでは比較的高いとされています。

 

看護師の平均年収額は473.9万円、一般的な企業に勤める女性会社員の平均年収が270万円ほどと言われていますから、給与水準が高いのは間違いありませんね。

 

それにどんな職種でも男性の方が給与は高い傾向にありますが、看護師の場合はほぼ平等です。

 

これにはもちろん看護師の90%以上を女性が占めているという事情もありますが。

 

看護師は肉体的にも精神的にも大変な仕事ですし、年収の上昇率が低いとも言われていますが、収入面が魅力の職業なのは確かだと思います。

 

実際、全くの異業種からの転職者が増えてきている理由も、やはり高い給与が望めることが魅力になっているようです。

 

看護師の年収アップがかなう転職サイトランキング!

 

 

 

看護師は初任給でどのくらいもらえるの?

 

看護師は “年収の上昇率が低い職種” とも言われていますが、逆に取れば「勤め始めの給料が高い」とも言えますね。

 

※参考記事:看護師の年収はなかなか上がらない?“寝たきりカーブ”の実際のところ

 

 

実際のところ看護師の初任給は平均で25万円ほどだとされています。

 

一般企業の女性の平均が17万円ほどだとすると、その差は8万円で比率にすると1.47倍ほどになります。

 

学校を卒業したばかりで経験のない新人看護師でもそのくらいもらえるということは、やはりその差は大きいと言えるのではないでしょうか。

 

もちろん勤務する地域や、病院・施設の種類・規模の影響を受けることはありますが、女性職として給与面での待遇は悪くないと言えます。

 

看護師の年収は他の職種と比較して高いの?

 

 

「給与の高さ」イコール「満足度の高さ」にはなっていない

 

ただ、実際に勤務している看護師からしてみれば「この給料じゃ割に合わない」と思うことも多いようです。

 

入院患者を多く抱える病棟勤務、しかも看護師不足に悩まされている病院に勤務していると、毎日が多忙を極める状況です。

 

サービス残業は当たり前、一人当たりの夜勤の回数も増えてくると、プライベートの充実どころではなくなってきます。

 

ナース・看護師長は何でも屋?正常な職務領域を考える

 

 

そんななかで患者の命を預かるプレッシャーもあるわけですから、「少しくらい給与が高いくらいじゃ満足できない」という気持ちも理解できなくはありません。

 

これから看護師を目指すという人も給与水準だけに目を惹かれていては、あとあと後悔することになってしまうかもしれませんよ。

 

 

看護師の年収アップがかなう転職サイトランキング!


トップページ 転職支援サービス 目次