看護師 年収

看護師の年収はなかなか上がらない?“寝たきりカーブ”の実際のところ

看護師に成り立てのころは、同年代のなかでも給料が良いほうで喜んでいたのに
何年たってもなかなか昇給しない、わたし大丈夫かな・・・

 

と感じているのではありませんか?

 

看護師は女性職のなかでは給与水準が高い部類に入りますが、給料の上昇はかなり遅いというデータもあるようです。

 

>>看護師の年収は他の職種と比較して高いの?

 

 

初任給を他の職種と比較してみると
平成25年の看護師の初任給の平均は¥209,000

 

一般企業の大学卒初任給(事務・技術系)の平均が¥195,000ほどですから、平均で¥14,000の差があることになりますね。
(厚生労働省:職種別年間給与実態調査より)

 

ところが看護師の給与は、ほかの医療系職種とくらべて上昇率が低くその緩やか過ぎる上昇度合いを皮肉って “寝たきりカーブ” などと呼ばれているそうです。

 

看護師の年代別の平均年収を見ると

  • 20代 ¥4,100,000
  • 30代 ¥4,550,000
  • 40代 ¥5,040,000
  • 50代 ¥5,390,000

となっています。

 

これが例えば「医学療法士」になると、初任給は看護師より低いものの
40代には年収¥6,000,000を超えてくるようになります。

 

上昇率にかなりの開きがある、ということを表していますね。

 

看護師の年収の上昇度合いが鈍いのはなぜなのでしょうか?

 

それについては、いくつかの理由があると考えられます。

 

・女性の割合が90%を超えるため、出産・育児で一時退職 → 再就職するケースが多い
看護師の再就職は年収的に不利なの?一旦辞めると給料がさがるケース

 

・看護師免許自体が公務員的な意味を持つため、国家公務員給与の影響を受けることになる⇒ 看護師の年収は国家公務員給与の影響を受ける!?

 

・病院ごとに全職員トータルでの人件費の調整が行われている
多くの病院で見られる「人件費調整」が看護師の年収に与える影響

 

 

看護師の年収アップがかなう転職サイトランキング!


トップページ 転職支援サービス 目次