看護師 妊娠 出産 子育て

妊娠・出産・子育てが理由で転職を考えるなら

 

結婚 〜 妊娠・出産、そして子育て。

 

この時期は、女性の人生にとっての転換期に当たります。

 

妊娠をきっかけに家庭に入る人もいるでしょう。

 

そして、出産後、あるていど落ち着いてから看護師として復職するという場合は、次の2つのパターンが考えられますね。

 

  • 出産の間際まで働いてから産休に入る、その後職場復帰
  •  

  • 産休は取らずにいったん仕事は辞める、子育てが一段落ついたら看護師復帰を考える

 

ママさん看護師が利用したい!看護師の転職支援サービス【おすすめベスト3】

 

 

産休を取って職場復帰する場合

大きな病院や大学病院など、福利厚生がしっかりとしているところなら問題なく産休を取ることができるはず。

 

一方、勤め先の規模が小さくスタッフ数が少ない病院や、個人クリニックなどの場合は、産休ではなく退職を勧めらるケースも少なくありません。

 

限られた人数で現場を回しているという現実からすれば、しょうがない面もあると言えそうです。

 

その場合でも、こちらが復帰したいタイミングと、病院側が人手を欲しがっているタイミングが合えば、復帰の見込みは十分にあります。

 

技術職でもある看護師の場合、現場経験のある人材は重宝されますからね。

 

ナースが結婚で転職を考えるときの良い解決法

 

 

ほかの職場への転職を考える場合

出産のために、いったん職を離れた場合は、あらためて転職活動を始める必要があります。

 

子供がまだ小さいということで、いろいろな条件をクリアしている職場を希望することになるかもしれません。

 

  • 残業がない
  •  

  • 日勤のみのシフトで働ける
  •  

  • 病院内に託児所がある(院外保育ができるならベスト)
  •  

  • ほかのママさん看護師が多い

 

周りにママさん看護師の多い職場は、人間関係的に理解が得られやすいためオススメになります。

 

もちろん、こちらの都合ばかり優先していると、マッチした求人案件を見つけるのが大変にはなりがちです。

 

ですが、これから長く勤めることになるのですから、妥協して決めてしまって、あとあと後悔するのは避けたいところですよね。

 

そんなときに助けになってくれるのが「看護師転職支援サービス」です。

 

医療業界に精通している支援サービスのコンサルタントが、託児所つきの病院や、小さな子供がいる看護師さんが働きやすい職場を見つけ出してくれます。

 

「残業ができない」「夜勤ができない」となると、収入面で不利になることも多いですね。

 

そんな場合も、収入面・待遇面での希望を叶えるためにコンサルタントが動いてくれるので、より納得できる転職ができるはずです。

 

ママさん看護師が利用したい!看護師の転職支援サービス【おすすめベスト3】


トップページ 転職支援サービス 目次