看護師 人間関係

人間関係が悪くて転職を考えるときの解決法

 

看護師が職場を辞めたくなる理由の上位に、必ずと言っていいほどランクインしているのが「人間関係の悪さ」です。

 

看護師以外の職種でも、職場の人間関係に悩んでいる人は多いですが、看護師にとっても重大な悩みの一つになっています。

 

仕事環境に多忙さがあったり、待遇面で多少不満があるときでも、人間関係が良好なら我慢できるという人は多いものです。

 

「女性社会特有の陰湿な雰囲気」「多忙すぎて心にゆとりがない職場環境」

 

このあたりが、看護師の職場の人間関係が悪化しやすい原因だと言えますね。

 

人間関係のストレスは“自分の努力だけでは改善が難しい”という面もあります。

 

看護師の人間関係 退職理由NO.1はなぜ改善されないの?

 

人間関係が良好な職場が見つかる!看護師の転職支援サービス【おすすめベスト3】

 

 

今の職場に勤めたままでの解決法

こじれてしまった周囲の人間との関係修復は可能なのか?

 

例えば、自分の努力不足やコミュニケーション能力に問題があるのなら、ほかの病院に移ったとしても解決にはならないでしょう。

 

また同じことが原因で、職場での居心地が悪くなる可能性は高いと言えます。

 

自分次第で環境が変えられるのであれば、挽回するための努力も必要ですね。

 

一方で、いじめや嫌がらせ、理不尽な指示をする上司や先輩看護師がいる場合もあります。

 

ある調査で「パワーハラスメントを受けたことがある」と答えた看護師は、全体の60%以上に上るそうです。

 

人の好き嫌いが激しい上司に当たってしまうと、気に入られなかったときに、仕事の公正な評価をしてくれないという事態にもなりかねませんね。

 

こういった人達と上手くやっていくのか。

 

それとも、周りのことは気にせずに自分のやるべき仕事をして、文句は言わせないという態度で働き続けるかを、決めてしまう必要があるのかもしれません。

 

先輩看護師のいじめに耐え切れない!そんな時には

 

医師とのコミュニケーションがうまくいかないなら?

 

 

転職を考える場合

実際のところ、どの業界であっても、離職率が高く人間関係の改善が難しいぐらいに悪い職場もあるのが現状です。

 

すでに書いた例とは別に、個人個人に問題があるわけではないけど、コミュニケーションが取りずらい職場、というのもあります。

 

このようなケースは急性期の病院や、極めて多忙な病院などで、よく見られるようです。

 

こういった場合は、すでに個人の努力でどうにかなるという問題ではありません。

 

「人間関係がいい職場に転職したい」

 

こう考えたときに重要視すべきなのは“次の職場は人間関係が良好なのか?”ということ。

 

同じ失敗を繰り返したくはありませんよね?

 

ですが、病院のホームページやハローワークの求人情報を見ても、職場の人間関係の本当のところはわかりません。

 

目当ての病院に勤めている知人がいれば、情報を入手できることもありますが、なかなかそう都合よくはいかないでしょう。

 

そんななかで、入職前に人間関係が良好な病院かどうかを知るために、利用したいサービスがあります。

 

それが「看護師転職支援サービス」です。

 

 

支援サービスを利用するメリット

支援サービスに登録すると、担当のコンサルタントに転職についてのいろいろな相談をすることができるようになります。

 

専任のコンサルタントは、病院や医療施設にたびたび出入りしていて、内部事情にとても詳しいのが特徴です。

 

人事担当者や現場管理職との接点も多く、病院内部の実際のところを把握している、転職希望者にとって頼りになる存在です。

 

コンサルタントとしても、入職後すぐに辞められては困りますから、転職希望者と雇い主側のお互いが納得するマッチングを行ってくれます。

 

新しい職場での人間関係に不安があると伝えることで、より希望に合った、ストレスなく長く勤めることができる職場を探し出してくれますよ。

 

人間関係が良好な職場が見つかる!看護師の転職支援サービス【おすすめベスト3】


トップページ 転職支援サービス 目次