看護師 休みが取れないから転職したいときの解決法

休みが取れないから転職したいときの解決法

 

誰だって休みを遠慮しないで取れる職場で働きたいものです。

 

このご時世ですから、有給休暇を全て消化したい!とは言わないけれど、必要なときは気兼ねなく休みを取りたいですよね。

 

看護師の場合、休みの取りやすさは、勤めている病院や配属された科に大きく影響を受けることになります。

 

入院施設のある病院に勤務していると、個人クリニックなどに比べて、まとまった休みは取りにくくなります。

 

最低限の人数で二交替、三交替のシフトが組まれていると、急な用事が入った時も休日をずらすのは大変です。

 

「想像していた以上の激務で、毎日残業、休みも取れない」

 

現場の看護師の厳しさを実際に体験して「これがこの先、何十年も続くなんて無理!」と感じている人もいるのではないでしょうか。

 

休みの多い職場が見つかる!看護師の転職支援サービス【おすすめベスト3】

 

 

今の職場に勤めたままでの解決法

今の職場でなかなか休みが取れないのは“多忙だから”というのが、そのほとんどの理由ではないかと思います。

 

勤め先の病院に絶え間なく患者さんが来て、看護師の仕事が忙しいのは、それだけ社会から求められているからです。

 

高齢化社会になった日本では、看護師の需要は減ることはありません。

 

そのおかげで、看護師の仕事は一般企業に勤めるよりも給与水準が高く、転職するにもほかの職種より有利、というメリットがあるのですね。

 

もちろん経営者や管理者が、休みの取りやすさを含めて、職員が働きやすい環境を作る必要はあります。

 

ただ、看護師の仕事は「休みが取りにくくて残業も多くなりがちなもの」と考えることも大切なのではないかと思います。

 

看護師 日勤のみの年収はどのくらい?

 

 

転職を考える場合

「もっとプライベートを充実させたい」

 

「休みが少なくて体力的につらい」

 

「家庭の事情で、もっと休みやすい職場でないと困るようになった」

 

看護師の仕事は頑張りたいけど、もう少しだけ自分の時間が欲しいと思う人もいるでしょうね。

 

結婚したり子供を産んだことで、生活環境が変わることもあります。

 

また、年老いた親の介護に時間が取られることで、多忙な生活に拍車をかけることもあるでしょう。

 

事情は人それぞれですが、職場を変えることでしか、問題を解決できないこともあると言えます。

 

転職先を選ぶときには、忙しすぎない職場であることが重要です。

 

「急性期の病院・科」「看護師の数が足りていない」このようなところは避ける必要があります。

 

規模の大きな病院や大学病院ではなく、入院施設のない規模の小さな病院、個人クリニックなどのほうが、休みをしっかりととれる傾向があります。

 

診療所と病院は何が違うの?夜勤はあるの?

 

 

ただし、実際に休みが取りやすく、残業が少ないかどうかは、外部からはわかりません。

 

それを知るためにも、利用しておきたいのが「看護師転職支援サービス」になります。

 

支援サービスのコンサルタントは、個々の病院・施設の内部事情に詳しく、様々な情報を入手しています。

 

ハローワークや求人情報誌などでは知ることのできない、その職場の“実際のところ”を教えてもらうには、専任のコンサルタントに相談するのが一番の近道です。

 

看護師転職支援サービスは登録はもちろん、各種サービスも全て無料で利用することができます。

 

転職を考えている看護師にとって、頼りになるサービスなはずですよ。

 

休みの多い職場が見つかる!看護師の転職支援サービス【おすすめベスト3】


トップページ 転職支援サービス 目次