看護師 給与

看護師 給与が不満で転職したい!そんなときの解決法

 

看護師の給与水準が、一般企業に勤める女性と比べて高水準なのは確かなことです。

 

>>看護師の年収は他の職種と比較して高いの?

 

ただ、実際には給与に不満を持っているケースは少なくないようです。

 

「肉体的、精神的な負担が大きく、割に合わない」
「年収・月収がなかなか上がっていかない」

 

このような意見が特に目立ちます。

 

看護師の年収アップがかなう転職サイトランキング!

 

 

今の職場に勤めたままでの解決法

給与が低いという不満がある一方で、管理職への昇進は希望しない傾向があるのが看護師の世界。

 

役職につくことでの責任の重さや、研修・会議が増えることを嫌って「管理職にはなりたくない」という人が多いようです。

 

ただ、どの会社も同じですが、昇給・昇進を狙わない限り、収入が向上することは難しいと言えます。

 

「管理職になると残業代がつかなくなる」そんな病院も珍しくはないですが、各種手当などを計算すれば、年収ベース

 

勤務年数が増えていけば昇給はするものの、看護師の場合その上昇率は決して高いものではありません。

 

>>看護師の年収はなかなか上がらない?“寝たきりカーブ”の実際のところ

 

>>多くの病院で見られる「人件費調整」が看護師の年収に与える影響

 

今以上の給与を望むのであれば、上司に認められるよう自らの仕事のレベルを上げるなど、昇給・昇進するための努力が必要です。

 

このへんは一般企業の社員と変わらない、ということですね。

 

 

転職を考える場合

転職を決めてしまう前に考えておかないといけないのが、退職金のことです。

 

退職金の金額は、基本的に勤続年数によって計算されます。

 

同じ病院に長く勤めるメリットというものもありますから、安易に転職を決めてしまうと「結局、生涯賃金は低くなってしまった」ということにもなりかねません。

 

看護師が収入アップを目指して転職するなら、「残業の多い多忙な職場」「夜勤の回数を増やせる職場」を探すのがおすすめです。

 

急性期に力を入れている病院、脳神経外科や循環器科などは残業が多い傾向にあるようです。

 

夜勤を増やすのは、独身女性や手のかかる小さな子供がいなくなった既婚女性に人気の方法になります。

 

夜勤手当は平均で1万円程度になりますから、その差は大きいですね。

 

自分の体力や生活リズムなどを考えながら、仕事量を増やすのが、看護師が収入を増やす近道だと言えそうです。

 

それから、専門看護師や認定看護師の資格を取ることで手当がつき、年収が大幅にアップしたというケースもあります。

 

>>専門看護師になると年収は上がるの?【看護師スキルアップ】

 

>>認定看護師になると年収は上がるの?【看護師スキルアップ】

 

 

残業や夜勤を増やすことのできる職場、資格を生かすことのできる病院を見つけるために便利なのが看護師転職支援サービスです。

 

現在では複数の看護師転職サイトがあり、希望にあった転職先が見つけやすいこともあり人気を得ています。

 

それぞれのサービスが持っている非公開求人には、高給を望める案件もたくさんありますから、収入アップを目指したい看護師さんならぜひ利用したいところですね。

 

看護師の年収アップがかなう転職サイトランキング!


トップページ 転職支援サービス 目次