都道府県ごとの看護師の年収格差 最高と最低で○○円もの違いが!

都道府県ごとの看護師の年収格差 最高と最低で○○円もの違いが!

看護師を必要としている病院・施設は全国各地にあります。

 

看護師資格は国家資格ですし、基本的な業務内容は共通していますから自分の希望する地域で勤め先を見つけることができるのも、看護師の仕事の魅力のひとつだと考えている人もいるでしょう。

 

一般企業の会社員よりも就業場所の自由度は高いと言えますし、憧れの都会で生活したい、家庭の都合で引っ越さなくてはならなくなった、という場合にも資格を活かして希望の場所で仕事ができるというのは大きなメリットだといえますね。

 

ですが、そう考えたときに気になるのが、地域ごとの年収格差、賃金格差ではないでしょうか?

 

就職先としても、転職を考えているにしても
同じ仕事をするなら、より高い収入をもらいたいと考えるのは当然のことですね。

 

そこで都道府県ごとの看護師の平均月収・平均年収を調べてみると
思っていた以上の格差があることがわかりました。

 

看護師の年収アップがかなう転職サイトランキング!

 

 

都道府県でここまで違う看護師の年収!

まず平均月収ですが、
最高が約36万円で福島県、最低は約26万円の佐賀県でした。
(全国平均 32〜33万円)

 

そして平均年収は、
最高が510万円で奈良県、最低は369万円の佐賀県でした。
(全国平均 472万円)

 

最も給料の高い地域と低い地域の差は
月収で約10万円、年収で141万円にもなります。
(以上、正・准看護師の合計平均値によります)

 

 

都道府県別 看護師の平均年収(支給月収からの推定)

 

 

看護師の年収が高い地域における傾向

もちろん地域手当を割り当てる病院もありますし、病院の数やその規模、就労人口による看護師の需要と供給のバランスなど格差を構成する要素はいろいろとあるでしょうが、ここまで平均収入の差があることには正直驚きですね。

 

全体的には、関東・関西の都市部に当たる地域の平均給与が高い傾向にあります。

 

また大規模病院(病床が200床以上)は小さな病院よりも給与水準が高い傾向があり、
平均年収が高い地域には、この大規模病院が多く存在している事実があるといえます。

 

看護師 ボーナスを多くもらえる病院の傾向は?

 

 

准看護師の給与は正看護師に比べて平均的に低いものの、上の表によれば地域格差によって准看護師のほうが正看護師よりも多くの給与受け取っている地域もある、ということもわかってきますね。

 

同じ技能、職務、そして仕事の責任は変わらなくても、働く地域でこれだけの収入の差があるのは正直納得しにくい部分もあります。

 

改善の余地はあるはずですが、実際に働く側として現状を受け入れる必要があるのでしょうね。

 

月々の給与もですが、年収にすると地域ごとの格差は大きいですから、就職・転職を決める前にこのあたりの実情をしっかりと把握しておくことをおすすめしておきます

 

 

看護師の年収アップがかなう転職サイトランキング!


トップページ 転職支援サービス 目次