看護師 診療所

診療所と病院は何が違うの?夜勤はあるの?

病院と診療所の違い

看護師の職場には、病院以外に診療所もあります。

 

診療所・医院・クリニックなどと呼ばれますね。

 

病院と診療所の違いは、ズバリ “施設の規模” になります。

 

ベッドが20床以上あるのが病院、19床以下なのが診療所となっています。

 

そして、19床以下であっても入院設備を持っているところを「有床診療所」、入院設備がないところを「無床診療所」と区別しています。

 

病院の場合、その規模によっては総合病院となり、10以上の診療科があることも珍しくありません。

 

それに対して診療所の科はひとつ、もしくは2つほどのところが大多数です。

 

病院が、医師・看護師・薬剤師などについて最低限配置しなければならない人数の規制があるのに対して、診療所は医師1名以外のスタッフについて特に基準がないという特徴もあります。

 

診療所の求人も見つかる! 看護師の転職支援サービス【おすすめベスト3】

 

 

診療所は外来・日勤業務が中心

診療所の治療は、外来患者の診察が中心となります。

 

入院施設を持たない無床診療所の場合は、基本的に日勤のみとなるため、夜勤が難しい看護師が働きやすい環境だと言えます。

 

夜勤がないぶん給料は低くなるものの、家事や育児との両立がしやすく、子育て中のママさん看護師に人気の職場です。

 

生活リズムも作りやすいですから、体力に自信がない人にも診療所勤務は向いているかもしれません。

 

ただし、地域で人気の診療所ともなると、多くの患者さんがひっきりなしにやってきます。

 

アットホームな雰囲気であっても、のんびりと働けるとは限りませんから注意が必要です。

 

勤務中はとても忙しく、また、スタッフ数が少ないことから、雑用や掃除まで看護師がしなくてはいけないケースも珍しくありません。

 

備品整理や電話対応までさせられることもあるため、本来の看護の仕事だけしていればいい病院勤務とは、勝手が違う面も多くあるといえます。

 

 

 

診療所勤務を希望するときの注意点

それぞれの診療所は、扱う診療科やスタッフ数などがバラバラなため、給与面などについては一概に高い低いが言えない面があります。

 

「美容クリニックは比較的給与体系がいい」とも言われますが、これも診療所ごとに大きな開きがあるのが実際のところです。

 

給与面も気になるところですが、それ以外に注意すべきポイントがあります。

 

それが「年金」です。

 

病院勤務ならほとんどの場合「厚生年金」に加入することになりますが、診療所勤務の場合は「国民年金」への加入となるケースがほとんどです。

 

診療所は独立した医師が経営していることが多く、いわゆる個人事業主になります。

 

そうなると、そこに勤めている看護師が加入できるのは国民年金ということになるのです。

 

見逃しがちな点なので、診療所への転職を考えている場合は、事前に必ず確認するようにしましょう。

 

診療所の求人も見つかる! 看護師の転職支援サービス【おすすめベスト3】


トップページ 転職支援サービス 目次