看護師 転職

保健所や医務室、保健の先生として働くには?

看護師の資格を取得していると、病院や診療所以外でも、いろいろな場所で活躍することができます。

 

こちらで紹介したように『社会福祉の分野』で働くこともできますし、
>>老人ホームや保育所、介護施設で働くなら

 

看護師の資格をベースに保険士の資格を取得することで、『保険分野』のさまざまなところで働くことも可能になります。

 

保険分野の働き先としては、保健所・保健センターといった地域保健法で定められた公の機関から、企業の医務室、学校の保健室、採血センターなどがあります。

 

保険分野の職場も見つかる 看護師の転職支援サービス【おすすめベスト3】

 

 

保健所・保健センター

保健所・保健センターは、都道府県や政令指定都市に設置されている機関で、一般的に保健指導または保健サービスと呼ばれる分野の業務を行なっています。

 

地域の住民の病気の予防をしたり、衛生的な生活が送れるようにサポートする役割を果たしています。

 

ほかの職員と同様に、看護師が働く場合も公務員として勤務することとなります。

 

保健所・保健センターの仕事の例

  • 生活習慣病の集団検診
  • エイズ・結核の検査
  • 乳幼児の健診や指導・発達相談
  • 病気予防教室の開催 など

 

 

企業の医務室

規模の大きな企業では、従業員の健康を守るために、医務室や健康管理室を備えています。

 

そのような企業のなかで、看護師や保健師が資格を生かして、会社員として働いています。

 

企業で働く看護師のことを産業看護師と呼ぶこともあります。

 

産業看護師の仕事は、健康管理相談や定期健康診断などから、その企業の業種で特有に見られる病気への対応も求められます。

 

会社員として働くことになりますから、医療機関で勤めるのとは勝手が違う面が多々あることでしょう。

 

給与形態も企業ごとに異なることになります。

 

 

保健の先生

看護師は、養護教諭の資格を取得することで、学校の保健の先生として勤めることもできます。

 

子供たちから「先生」と呼ばれることにはなりますが、職種としては看護師、または保健師ということになります

 

保健室に勤務して、児童や生徒、教職員のけがや病気に対応していくのが仕事です。

 

けがや病気の手当や健康診断などを行う一方で、いじめや不登校などの、子供たちの「心のケア」に対応する機会も増えてきているといいます。

 

 

献血センター

献血センター・献血バスなどで採血するのも看護師の仕事になります。

 

日本赤十字社血液センターなどの検診施設の職員、献血スタッフとして看護師が勤務しています。

 

日本赤十字社は全国に50ヶ所以上の血液センター、そして各地に献血ルームを持ち、善意で寄せられた献血を管理して、病気の治療などで輸血を必要とする医療施設や手術現場に安全な血液製剤を届けています。

 

 

 

以上のような保険分野の職場を転職先として探す時にも役に立つのが、看護師転職支援サービスです。

 

看護師資格を生かした希望の職場を見つけるためにも、ぜひ利用したいところですね。

 

保険分野の職場も見つかる 看護師の転職支援サービス【おすすめベスト3】


トップページ 転職支援サービス 目次