看護師 医師 コミュニケーション

看護師が医師とのコミュニケーションがうまくいかないなら?

看護師の人間関係の悩みのひとつに「医師とのコミュニケーションがうまくいかない」というものもあります。

 

 

なにかあれば必要以上に怒られたり、ネチネチ言われたり。

 

 

気に入らない看護師がいれば「○○さんには、オレの患者担当して欲しくないんだよな」などと、影でほかの看護師や上司に告げ口することもあるといいます。

 

 

医師も人間ですから、いろんな性格のタイプがあります。

 

 

要求が細かくてミスを絶対に許せないタイプ、プライドが高くちょっとしたことでも根に持つタイプ、周囲の意見をまるで聞かないわがままなタイプなど本当にさまざまです。

 

人間関係が悪くて転職を考えるときの解決法

 

 

総合病院に勤めていて業務上関わることになる医師の数が多ければ、それだけ看護師の方が気を使う場面も多くなりますね。

 

 

もちろん看護師の側が業務をきちんとこなして、突っ込みどころを作らなければ気にする必要もないのですが、まだ経験の浅い看護師さんだとそうもいかないこともあるでしょう。

 

 

実際にもひとりの新人看護師だけを集中攻撃して、退職に追い込んだという話もあるくらいです。

 

人間関係が良好な職場が見つかる!看護師の転職支援サービス【おすすめベスト3】

 

 

やっぱり看護師のほうが立場が弱い

言い方は悪いですが、医師の中には看護師のことを “いくらでも換えが効く兵隊” くらいにしか考えていない人もいるようです。

 

 

こんなタイプの医師は、ほかの看護師からも嫌われている可能性が高いですが、やはり立場が弱いのは看護師のほうになります。

 

 

看護師長など上司に相談しても、取り合ってもらえないことも多いでしょう。

 

 

あくまでも仕事上のことと捉えて、「こんな人もいる」とサラっと流すことができるのなら、それが一番です。

 

 

ですが、それができないときに怖いのは、萎縮してしまいミスが起こってしまうこと。

 

 

嫌な医師に監視されていると意識してしまい、余計にミスを起こしやすくなる可能性も出てきます。

 

 

そんなことになれば、その医師の思うツボですし、あなたの立場も悪くなってしまいかねません。

 

 

そこまで追い込まれてしまう前に、思い切って環境を変えてしまうという方法も考えておくべきかもしれません。

 

 

ほかの科への異動願いを出す、転職を考えるなどいくつか方法はあるでしょう。

 

 

自分で解決できない問題を抱えたまま働いていても、なにも良い方向には向かわないものです。

 

 

人間関係が良好な職場が見つかる!看護師の転職支援サービス【おすすめベスト3】


トップページ 転職支援サービス 目次