社会人から看護師になったものの退職につながるケース

社会人経験者が看護師になったものの退職につながるケース

 

不況が長く続く状況の中で、看護師に転職する人の数はここ数年増え続けているようです。

 

 

高齢社会の日本では看護師の需要は減ることはありませんし、専門資格職であることから勤め先がなくて困るという問題とも無縁だと言えます。

 

 

また女性が就く職業としては比較的収入が良いという面も、社会人転職を後押ししているようです。

 

看護師の年収は他の職種と比較して高いの?

 

 

そんなこともあり、新卒学生だけでなく、他職種の社会人経験者が看護師資格を取って転職することも珍しいことではなくなってきました。

 

 

ただし、晴れて看護師になり就職したものの、職場に馴染めずに離職するというケースも後を絶たないようです。

 

 

看護師の世界では年功序列よりも、看護師経験の長さ、その職場での勤続年数によって先輩後輩の序列が決まります。

 

 

いくら社会人経験があり年齢が上であっても、看護師の職場に入れば経験のない人間は後輩です。

 

 

そんな扱いを受けることを、ある程度覚悟して入職した人であっても、実際の状況を受け入れることができないということが多いようです。

 

 

女性の比率が圧倒的に高い看護師の世界では、特殊な人間関係が形成されていることも多く、馴染めない人間には辛い状況になることもあるでしょう。

 

看護師の人間関係 退職理由NO.1はなぜ改善されないの?

 

 

そんななかでも良好な人間関係を築くための努力は、もちろん必要です。

 

 

ですが、看護師の退職理由の多くを人間関係が占めていることからもわかるように、自分ひとりの力で解決できる限界というものもあるでしょう。

 

社会人からでも安心の看護師転職支援サービス【おすすめベスト3】

 

 

環境を変えてみる決断が必要なことも

辛くてたまらないなかで我慢し続けて、自分が壊れてしまっては元も子もありません。

 

 

そうなってしまう前に、職場を変えて仕切り直すことも必要なこともあるはずです。

 

 

勤め始めてから日も浅いうちにやめてしまうことで、その後の転職活動に悪い影響が出ることを不安に思う人もいるかと思います。

 

 

確かに短期間での離職を繰り返していると、雇い主側にあまりいい印象を与えるとはいえません。

 

 

とはいえ、看護職を探している病院・施設は多くありますから、次こそは長く勤められる職場を探すという考えを持つことも大事なことです。

 

 

「次の転職先では人間関係で失敗したくない」

 

そう考えたときに利用したいのが、看護師転職支援サービスです。

 

 

看護師転職支援サービスには、病院の人間関係などの内部の情報をキャッチしている専任スタッフがいます。

 

そんなスタッフを見つけることで、希望にあった働きやすい職場を見つけられる可能性が高まります。

 

登録・利用が完全無料なこういったサービスを利用することで、看護師の転職活動は有利に進めていけるようになるでしょう。

 

社会人からでも安心の看護師転職支援サービス【おすすめベスト3】


トップページ 転職支援サービス 目次