医療の現場 暴力

医療の現場での暴力の問題

 

看護師の中には患者さんとの人間関係、信頼関係に問題を感じている人も少なくありません。

 

私の勤めている病棟で問題になっているのが、患者さんから受ける暴力の問題です。

 

暴力を受けて怪我をしたり、精神的ショックを受けたりというのは、看護の現場では表立っていないだけで実際のところ日常茶飯事なのです。

 

患者さん自身の意識がしっかりしていて、故意に暴力を振るうというときには、病院側としてもそれなりの対処を取ることになります。

 

ですが、厄介なのが痴呆症を持っている患者さんの場合です。

 

痴呆があるときには、その人のとった行動に対して、本人にどれほどの責任能力があるのかを判断するのは、専門家であっても非常に難しいところです。

 

そういった事情から、問題が起こった現場が病院や介護施設などの場合には、訴える相手や方法が見つからないまま傷つけられた看護師が泣き寝入りする、というケースも珍しくありません。

 

ただ、多少の打撲や引っかき傷ならまだしも(それでも大変なことですが)、転倒させられて骨折したりなどの大怪我を負ったときにはどのように保障されるものなのか?

 

不安に思っている看護師もいることかと思います。

 

私の知る限りでは聞いたことはないものの、患者さんやその家族に賠償を求められないという場合には、労災認定してもらえるのかというのも医療の現場で働く限りは明確にしておいてもらいたいポイントだと言えます。

 

こう言ってはいけないのかもしれませんが、痴呆が進んでくると人間は子供帰りしたのと変わらない状態になります。

 

そのため見境も力加減もなく暴力をふるってきますから、そんな暴力を回避するための方策も必要になるのは間違いのないところです。

 

>>看護師の年収が高いってホント!?トップページ


トップページ 転職支援サービス 目次