看護師の再就職は年収的に不利なの?一旦辞めると給料がさがるケース

看護師の再就職は年収的に不利なの?一旦辞めると給料がさがるケース

最近では男性の看護師も珍しくはなくなってきていますが、やはり圧倒的に女性が就くことの多い職種です。

 

そのため、結婚・妊娠・夫の転勤など諸々の事情で、一度職場を離れてしまうことも少なくありません。

 

その後に、ある程度生活が落ち着いてきて、職場復帰を希望することもあると思います。

 

そんなときに資格職である看護師は、再就職をするにあたって有利な職種なのは間違いありません。

 

全国的に看護師の人手不足は深刻ですし、あらゆる医療機関において常に需要のある仕事なのです。

 

復職支援制度が整った病院は増加していますし、平成18年に導入された「7対1入院基本料」の影響で、どの病院もさらなる看護師不足に悩んでいるという現状もあります。

 

多少のブランクがあるとしても、よほどの好条件にこだわったりしない限り、就職先が見つからないという事態にはならないでしょう。

 

看護師が結婚で転職を考えるときの良い解決法

 

看護師の年収アップがかなう転職サイトランキング!

 

 

ブランクがあると前職並みの給料を望むのは難しい?

ただ、再就職を考えたときに気になるのは、

  • 以前勤めていたときと比べて給与(年収)がどのくらい上下するものなのか?
  •  

  • いったんやめたことでブランクがあると年収的に不利になるのか?

というところではないでしょうか。

 

病院の規模・就業地域・ブランクの年数・外来or病棟勤務・前の勤務先での給与額、これらの条件は個人個人で違うものです。

 

ですから、単純な比較はできないのですが、おおむね再就職後のほうが給与は下がったというケースが多いようです。

 

看護師にとって “現場感” はとても重要なスキルです。

 

ブランクがあることで知識や看護技術もそうですが、この現場感が低下しているはずと判断されるのは仕方のないことですね。

 

そして施設によっては、経験がある人材の再就職であっても、年収・給与面は新人扱いというところもあります。

 

そういった事情から、ブランク前より給料が下がってしまうこともありうるのだと、理解しておく必要があると言えます。

 

 

希望の給与は譲れない!そんなときには

そうは言っても、

  • 生活のこともあるし希望の給与や待遇は譲れない
  •  

  • スキルは以前のままだし新人扱いの年収では納得できない

という人もいるかと思います。

 

そんな場合はどうしたらいいのでしょうか?

 

そこで頼りになるのが「看護師の転職支援サービス」です。

 

多くの医療施設をクライアントとしている業界事情に詳しいアドバイザーが、希望にあった募集案件を紹介してくれます。

 

ブランク有り、非常勤希望、パート希望など、さまざまな条件に合う案件を抱えているのが、看護師専門サービスの強みです。

 

登録料や紹介料などは一切かからず、転職が決まった際にはお祝い金が出るところまであります

 

転職を考えているなら、利用してみて損になることはないですね。

 

こちらで紹介実績が十分な、信頼できる転職支援サービスを紹介しています。

↓  ↓  ↓

看護師の年収アップがかなう転職サイトランキング!


トップページ 転職支援サービス 目次