看護師 年収

多くの病院で見られる「人件費調整」が看護師の年収に与える影響

看護師の年収は初任給こそ普通の会社員よりも高い水準にあるものの、キャリア年数に対する上昇率が低いと言われています。

 

その原因のひとつに、多くの病院で採用されている
「人件費調整」の影響は少なくないようです。

 

>>看護師の年収は他の職種と比較して高いの?

 

 

病院などの医療施設は一般の企業とは異なり、利益最優先で経営されているわけではありません。

 

そして収入源は公的医療保険からの診療報酬ですから、大幅な収入増加が見込めないというのが実際のところです。

 

そのなかで病院が経営を安定させるために行っているのが人件費調整なのですね。

 

つまりトータルの人件費の中から「医師は○○%、看護師は○○%」というように、割り当て分を決めていって、人件費を抑えるための施策をとっているということになります。

 

病院の規模にも左右されますが、病院勤務者のうち半数以上を看護師が占めていることも多々あります。

 

そのため看護師の年収・給与が上昇することは、病院経営を圧迫することになりかねないと判断されてしまうのですね。

 

こういったことが「看護師の給料は何年勤めてもなかなか上がらない」と言われる、ひとつの原因になっているのです。

 

看護師の年収はなかなか上がらない?“寝たきりカーブ”の実際のところ

 

看護師の年収が上がらない理由 看護職は国家公務員給与の影響を受ける!

 

 

看護師の年収アップがかなう転職サイトランキング!


トップページ 転職支援サービス 目次