ICU勤務はおすすめ?実際に感じた良い点・辛かった点

ICU勤務はおすすめ?実際に感じた良い点・辛かった点

 

 

ICU勤務について、良い点辛かった点をお伝えしたいと思います。

 

良い点はスタッフのモチベーションが高く、急変に強くなりたい、心電図が読めるようになりたい、重症患者が看れるようになりないとやる気のある人にとってはよい経験ができます。

 

知識と経験が豊富な先輩看護師が多いだけではなく、医師や薬剤師、臨床工学士、理学療法士等あらゆる分野のスタッフとも密に関われ勉強になります。

 

病状が落ち着いた一般病棟では教科書に載っている異常な所見がなかなか診れない場合がありますがICUでは経験することが多いです。

 

担当患者も日勤は1〜2名であるため患者の状態の把握や清潔ケアなどじっくり関われることが病棟よりり多いと思います。

 

意識不明な患者では家族ケアを重点的に行いよい経験となりました。

 

看護師のスタッフの人数も病棟より多いため何かあれば人がすぐ駆けつけられますし、夜勤の人数も少ないよりは安心です。

 

大変だった点は勉強をきちんとしなければついていけず、優先順位も非常に大事になるので慣れるまでが時間がかかると思います。

 

一般病棟であれば1年で一人だちできるところをICUではすべての症例を一人だちするには3年かかる場合もあります。

 

人によって環境に慣れるスピードは違いますが急変のリスクや緊急入院を受け入れる緊張は私はなかなか慣れませんでした。

 

しかし頑張っていれば周りは認めてくれますし次第に知識がつき、経験を数多くすれば環境になれ働くことができます。

 

3年程度ICU関連病棟で経験を積んでから異動希望で勤務するのが私はよりスムーズに環境に慣れることができると思いました。

 

看護師になったからには急変時対応できるようになりたい、経験を積みたいという方にはオススメです。

 

看護師の年収アップがかなう転職サイトランキング!

page top